アミノ酸

レバーに含まれる葉酸

レバーは肝臓の部分の事で、鶏レバー、牛レバー、豚レバーと種類があるので、食べやすいものを選んで食べる方が多いようです。
一般的によく食べられているレバーとして牛レバーが多く、男性の方が好んで食べる傾向が高い食べ物となっています。
そしてレバーに含まれる葉酸の量ですが、鶏レバーで0.13mg、牛レバーで0.10mg、豚レバーで0.08mgとなっており、含まれている量は多いとされています。

しかし、問題なのは食材が食材なだけにあまり好きな人がいないという事になり、いかにしておいしく食べるかが葉酸をレバーで摂るには問われます。
そこでレバーを美味しく食べる方法が考案されているのですが、一番知られている調理方法はニラレバ炒めで、ニラでレバーの匂いや味の調整をしてくれます。
またレバーは焼肉として出される食品で、しっかり網の上で焼いて、美味しい焼肉のタレにつけて食べるという方法もあります。

ですが、女性や子供にとっては抵抗がある方が多く、工夫しても食べれないという方がいるのですが、そんな方にはレバーを小さく切って卵と一緒にあえてチャーハンにするなどして食べている方もいます。
レバーは含まれている葉酸の量が多いのでいかにして美味しく食べるかが問われる食品になります。