アミノ酸

ほうれんそうに含まれる葉酸

葉酸は私達の身体の中で細胞の生産や再生と血液の元となる赤血球を作ってくれる役目をしてくれるのですが、日常的に摂っていくにはどうしたらいいのでしょうか?
一番身近で対応できる内容として食品に含まれている事が理想的なのですが、葉酸が含まれているという事で知られている食品はほうれんそうがあります。
ほうれんそうには2株で0.13mgの葉酸が含まれており、高い濃度で摂取する事ができるようになっており、日常生活の中で摂っていくには理想的なんですね。

そして、葉酸という成分がうまれた源となっているのもホウレンソウの葉とされており、実に関係が深い食品なんですね。
ラテン語で葉はfoliumというのですが、その名前に沿ってfolicacid(葉酸)と付けられたんですよ。
葉酸がうまれた源というだけあってほうれんそうに含まれている量は凄く多いので、効率的に摂る事が出来るようになっています。

ほうれんそうはゆでて塩だけで食べる事が出来ますし、胡麻和えという少し甘い状態で料理する事も出来ます。
また本格的な料理になるとシチューに入れたり、みそ汁に入れたりと実に様々な方法で美味しく食べる事ができるようになっています。
ほうれんそうを沢山食べて、葉酸を効率的に摂っていきましょう